債務整理をしたいけれど、そのお金がない…。

  • 債務整理は弁護士に相談すること

    • 債務整理をしようと思っているのであれば、弁護士に相談をしたほうがよいです。

      そうすることによって、どの債務整理を選ぶのか、ということを決めることができようになります。



      それこそ、裁判所を通して、強制してもらうこともありますし、交渉をして、決めるときもあります。例えば自己破産なんかは債務整理としては最も有名であり、債務がすべてチャラになりますが、当然ながら裁判所が決めるのです。



      やりたいからする、というようなことではなく、あくまで裁判所が認めて、始めて意味を成すわけです。



      それをよく理解して、出来るだけしっかりと相談をするのです。



      何も、すべてが自己破産だけがベストとはいえないのです。債務整理というのは、交渉次第では、別に裁判所を通さなくても減額できるときもありますし、それこそ、闇金などであれば、そもそも支払い義務がないです。
      そうしたことを知らない人が困っていることもありますから、とにかくまずは自分はどうすればよいのかを相談するのです。


      そうすることによって、人生を新しくやり直すのも難しいわけではないのです。


      ちなみに自己破産の制度は、一度くらいの失敗は社会的にも許してやろう、という考えに基いて出来ています。
      つまりは、別に恥じることはありませんし、悪いわけではないのです。



      もちろん、しないほうがよいに決まっています。



      個人的にデメリットもありますので、返せるならば、そうしたほうがよいですが、無理ならばやったほうがよいです。

  • 関連リンク